2015年6月21日日曜日

ネムの花と父の歌

先日、歩いていたらふと懐かしい香りが漂ってきた。
「えーと?これ何の香りだったっけな?」とおもってたら、地面にネムの花がおちていた。

ああー、この香りは、ネムの花だ!!

実家の玄関先にネムの木があるのです。ふんわりした花が咲くとピンクの霞のようで、とてもきれい。香りがあるなんてあんまり意識したことなかったけれど、

こんなあまい香りがしていたんだなぁ。
そして、香りっていろんな記憶を思い起こさせますねー。


今日は父の日。、、って忘れていたけど(笑)、父から電話かかってきました。(電話魔なので)
先日送ったプレゼントのTシャツ(もちろん新マドレTシャツ☆)が相当嬉しかったようで、昨日も大事な集まりに着ていったそう。前回のグレーのは「地味;」といってほとんど着ていないようなのだけど、今回の爽やかなグリーンはお気に召したらしい。

そんなご機嫌な父が、ひとしきり喋ったあと、昔つくった短歌をまた口にした。

よろこびも かなしみも 歌にして
ヨー子4才の夏になりたり

子どものころ、私は何でもかんでも歌にして歌ってたり踊ってたりしてたらしい(^^)。


そしてもうひとつ、父作のヨー子のうた。

ネムの花 散り敷く庭に起き出でて
ヨー子眠らせんとしばらく歩む


…父は、イクメンどころか、夫として、大人として!?どうなの!?って思うところ多くて、思春期からかなり長いことそれがイヤだった。

こどもの寝かしつけなんて、歌にするくらい珍しかったんじゃないの?!なんて
今でもちょっと天邪鬼におもってしまうところもあったりするんだけど、
そんなふうにしてもらったこともあったんだなぁーと
まぁ、今日は素直におもって感謝しようかな、と。(笑)


************************
産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室
7月コース受付中!詳細・お申し込みはこちらからどうぞ!
http://plaza.rakuten.co.jp/bambibambi/002003/

0 件のコメント:

コメントを投稿