2015年7月12日日曜日

マドレ事務局合宿2日目

マドレ事務局合宿は2日目。
文武両道!^^なマドレボニータは、事務局スタッフも朝からみっちりカラダを動かします。1時間、かなりみっちりアイソレーションと振付を2エイト分完了まで。汗だくで「風呂上りか!?」ってなくらいまで。踊れる事務局、ってカッコイイよね!?


2限目は「システム思考」を学ぶ。
うう、これ難しい、、><; けれど、これも体を使ったワークのおかげで、基本のひとつを
体感できた。
難しい問題が起こる時、「わ、オラには無理だ~!」とシャッター閉めてしめたくなるけれども、こういう知識や体感があると向きあえる。って、まだ理解するまで及んでいないけれども、このメンバー皆で学べたことが心強い。これはもうちょっと学んで理解したいなぁ~


午後は、今回のメインともいえる研修「事業計画・管理の基礎の基礎」。
事務局長・ちいさんのパートナーでもある大輔さんが講師です。
事業計画や管理について、まったく初めての人でもとーってもよくわかるように工夫されていて、もっと聞きなくなるし、「やってみたい!」という気持ちが勝手に湧いてくる、素晴らしい内容!!なんて贅沢!!また、中期計画作成、予算組みのこのシーズンに、なんてちょうどいいタイミング!!(涙)ありがとう、大輔さん!!

私自身は、右も左もわからないながらもやってきたことを、体系だって理解することができた。(こういう人、NPOには多いんじゃないかな、、)
今回、事業計画や予算組みなどに初めて触れたり、数字は苦手!というメンバーからも、最後には「こんなことやってみたい」と具体的なアクションにつながる声が出ていたことには涙、、。

1日目にも思ったけれど、「本来持っている力」を素直に発揮していけるには、それを阻害している要因を丁寧に取り除いていくことなのだな。

…とはいえ、それがめちゃ複雑で難しいから、個人も社会も問題山積み大渋滞なわけで、それを解決したい!と、さまざまなNPOが活動している。わたしたちもそのひとつ。

それぞれが「本来持っている力を発揮できる」社会をつくりたい。
それを阻害する一つに、「産後」が起点となる様々な問題がある。私たちは、それを解決していくために、「産後は養生ができ、リハビリに取り組める」ことがあたりまえの社会をつくる。
そこにどんな価値があるのか、誰にもわかるように伝えられるようにならなければ。。。


最後の振り返りは、一人ひとりが感じたもの、受け取ったものをシェアしあい、それによってさらに学びが深まる時間。ムネアツで、やっぱり泣いちゃった(笑)
「自分×団体プレゼン」のワークでお互いをより深く知り、ともに体を動かし汗をながし、考え方を学び、より実践的かつ食わず嫌い的だったところにみんなで踏み込むことができて、私たちが目指していることをあらためて深くしっかり腹にすえることができた。意図せず組み込んだプログラムだったけれども、本当に私たちに今必要な場・内容だった。それを引き寄せる力もすごいよね!^^

さて、大事なのはここからだ。
私がやりたいこと・できることも浮かびあがってきた。
これからも道は平坦ではないけれど、問題はいつでもどこでもあらわれるけれども、“そういうもの”だし、できることは必ずある、、、とみんなでわかることができた。
この仲間と一緒なら、きっと乗り越えていける!
マドレボニータが目指す成果を生み出して社会を変えていけるためにも、この仲間たちのためにがんばりたい!

0 件のコメント:

コメントを投稿