2015年7月23日木曜日

仲間の力を借りてむきあっていく~学芸大学・産後クラス7月コース3週目

都立小山台高校の野球班(←なぜか部ではなく班といいます)、準決勝で帝京高校に負けちゃいましたー。残念。連日暑いなかよく頑張りましたね。ちょうど娘が図書館で借りてきた「もしドラ」を読んでいたので、情景が重なっちゃったけれど、こちらはベスト8。でも都立でよくやったのでは。3年生はこれで引退。あと残るはラグビーとサッカー、ブラスだそうです。そんなアツい青春を横目に、息子はまだ連日受験勉強続けております。朝からガンガン大声で歌いながら、、、とほほ


さて、学芸大学産後クラスは3週目。
同じ時間でもサクサク進んで運動量はかなり増えてますが、みんな動けてる。前半2週とはずいぶん違います。周りと合わせる余裕…はまだなさそうだけど(笑)、合わせられてるし息もあってます!来週はもう少し余裕が出るかも~☆
赤ちゃんにじっと見守られて☆ (一人腹筋は実はキツイ、、)

後半のワーク。それぞれに真摯に言葉を紡ぐ姿が美しい。まだまだもやんとしていること、整理がつかないことはたくさんあって、不安も迷いも生まれてくるけれど、とにかくそんなまだ答えのない、名前のないおもいを、ただただ言葉にしていく、聞いてもらう時間。
こうして「ただ聞いてもらう」って、意外とできなかったりします。実は貴重な時。



母たちの真摯な姿を、赤ちゃんたちもじっと見たり、聞いたり、感じています。




テーマとしてあげている「人生」「仕事」「パートナーシップ」。いずれも出産を機に大きく変化しますよね。

今回もパートナーシップについて「身近な人だからこその難しさ」の話題がでてきましたが、出産を機に心身環境がものすごく変化する女性と、変化の小さい男性との間には、大きな違いが生まれてくる。それを「すりあわせたい」のだけれど、そこがなかなかうまくいかなかったりする。。。
即効性のありそうな対策に飛びついてしまいたくなる!のだけれど、、
やっぱりそれも、「自分はどうありたいのか?」「二人の関係性をどうしたいのか?」があってこそ生きてくるんですね。

「どうありたい」って明確に自覚してなかったりするかもしれないけれど、「なんでこんなに何とかしたいのかな?」「なんでこんなにうまくいかなくてイラッとするんだろ?」というもやもやした気持ちをじっくり見つめていくと、その根っこには「願い」があるんだよね。 

その願いどおりにいかない現実に向きあっていくのは、なかなか大変なこと。
だからまずは体力つけていくわけです。そして、なかなか言葉にならない思いをここでなんとかかんとか言葉にしながら、自分が本当はどうありたいのか?自分で掘り下げていく。

それを一人でやるのは大変だけれど、こうしてみんながいるから、相手がいるからできる。相手の力を借りて、いや、借りるだけでなくお互いに貸し借りしあって(あんまりそんな自覚ないけれど^^)、向きあっていくことができる。



最後はセルフケア。
3週目は、骨盤呼吸法と骨格調整です。これやると背中がとても楽になって気持ちよくストンと眠れます。…実は先日の集中講座の時、これやりながらたぶん30秒くらい寝てました(笑)


来週来られない方がいるので、一足早くみんなで記念撮影☆みんなステキ!



出産したら体と心のリハビリを!
産後のボディケア&フィットネス学芸大学教室 《受付中!》
詳細・お申し込みはこちら
水曜日10:00~12:00(120分×全4回・予約制)
・8月コース:8月5,19,26,9月2日(水)
・9月コース:9月9,16,24(木),30日(水)

もっと体を動かしたい方・定期的にメンテナンスしたい方に

マドレ城南チャリティエクササイズ講座 《受付中!》
詳細・お申し込みはこちら
・ボールエクササイズ講座10:00~
・ウォーキング講座11:00~


0 件のコメント:

コメントを投稿