2015年7月20日月曜日

志を同じくするさまざまな立場の仲間とともに~「集中講座2DAYS」にて

三連休の二日目・三日目は、たっぷり学びの2日間!
マドレボニータの「産後プログラム指導法集中講座2DAYS」へ。


この講座は、マドレボニータの産後ケアプログラムを一つ一つ紐解きながら、産後女性の体の状態、心の状態、社会的な状態など様々な視点から掘り下げていくもの。
マドレのインストラクターや志望者だけでなく、さまざまな職業や状況の方が参加してくださっています。

みんな少しずつ立ち位置は違うけれども、「産後ケアが必要!」というところでつながっている。
いろんな角度から、いろんな場で、産後を支える人がいたら、それこそ網目のようになっていったら、、、一人ひとりでは支えきれないものも、いろんな力があればきっとできるはず。
そのためにも、同じ志を持つ仲間たちとつながりあって、学びあって、高めあっていきたい☆…

学びを深め、ブラッシュアップするにととまらず、いろんな思いをかきたてられた、湧きあがらせることができた2日間でした!!


今回は、なんと学大クラスOGも参加されていてムネアツ☆ 
受け取るだけでなく、担い手になっていく。そういう「循環」によって産後ケアがある社会を作っていくって、すごいこと。
「私たちは、ただエサを待っているひな鳥じゃない」(byよねちゃん*マドレ正会員)という名言が脳裏に浮かびます。

まずは「身体スキル」から。マドレのインストラクターを目指しているわけではなくても、指導する立場に必要な身体スキルとはどういうものか?を実践して学ぶ。思っていること・知っていることと、実際にできることをカラダで実感。
メイクはバッチリしていても、意外と無防備になりがちな「表情」。だからこそトレーニングの際に一緒に顔もトレーニング^^
やっぱりいい笑顔の人を見ていると、見ているだけでこちらも笑顔になってしまう☆
みっちり体に向きあってから、やっとグループごとに自己紹介。お互いの思いがちょこっとずつ垣間見れて嬉しい!
マドレボニータの産後プログラムは、縦糸と横糸で構成されています。ひとつひとつに意図がある。
それをひとつひとつ実践しながら考察。
産後の運動生理学。有酸素運動の効果のメカニズムに、ランナーでもある学大クラスOGでもあるちほさんは、「もっと聞きたい!!」と。


★おまけ★
来週に実技試験をひかえた、養成コース9期生のちまきちゃん。
三重県から最後のブラッシュアップのために上京し、寸暇を惜しんで先輩インストラクターに教えを乞う、涙ぐましい姿っ。がんばれーちまきちゃん!!

ウォーキングをチェックする、ちまきちゃんとたけし(女性です)

0 件のコメント:

コメントを投稿